自転車旅CAFE

自転車を中心とした、旅のエッセイ

GPXウェイポイントマージツール

 今回のお便利ツールはちょっと限定的……。

 

 ガーミンなどのGPSマップに表示させるためのGPXファイルを、何パターンかバリエーションで作成することがあります。ルート案A、ルート案B……など。起点と終点は一緒だけど経由地が違うとか、距離や標高など負荷を考えてゴールを変えたルートをいくつか作ってみたり。
 それらをまとめてガーミンに入れて準備していくことってけっこうあります(僕だけかもしれないけど)。

 

 そのとき、飲食店やコンビニ、立ち寄りポイントなどをウェイポイントとして登録したりするわけですが、バリエーションルートを作っていくたびに、いちいちポイントしていくのはかなり大変。
 そんなわけで、ふたつのファイルが持っているウェイポイントの情報を抜き出し、統合してふたつのファイルに書き出すツールです。

 

f:id:nonsugarcafe:20180626232050j:plain

 

 僕がルート作成にウェブサービスGPSiesを使っている関係で、GPSiesで作成されるGPXファイルをもとに作っています。他のツールで引いたルート、そのファイルに入っているウェイポイントに対してうまく動作するかどうかって試していないです(例えばカシミールとか)。
 もとのファイルは触っていないので、別のツールでウェイポイントを埋め込んでいる方に使っていただいて、どうだったかなんて教えてもらえたりすると嬉しいです。

 

† こちらからダウンロードいただけます

 

 

 このツールはVBScriptで作っています。
 ツール起動用にバッチファイルを同梱しています。
 そんなわけで、ウィンドウズ環境でしか動かないです。他のOSの方、ごめんなさい。

 

 ふたつのファイル(GPX_WPT_MERGE.bat と GPX_WPT_MERGE.vbs)を同じフォルダに入れてください。
 実行はバッチファイルから行います。GPX_WPT_MERGE.batを実行してください。

 

 起動すると黒い画面が立ち上がり、まずひとつ目のGPXファイルを指定します。「対象ファイル#1を入力してください(ドロップも可)」と表示されます。ひとつ目のGPXファイルを黒い画面にドロップすると楽チンです。
 次にふたつ目のGPXファイルを指定します。「対象ファイル#2を入力してください(ドロップも可)」と聞いてきます。これも同様に、ふたつ目のGPXファイルをドロップすると楽チンです。

 

 地点と名前が同じポイントは二重に作らないようにしていますので、何回掛け合わせてもダブってできることはありません。

 

f:id:nonsugarcafe:20180626232108j:plain

 

 ウェイポイントをマージした結果は、それぞれのファイル名の後ろに「_WP」をつけた名前で、同じフォルダに保存します。

 あ、そうそう、INもOUTもUTF8のみ対応です。ルートラボを使っている方、SJISが必要な方、すみません。

 

 バリエーションルートを三つ四つと作った場合は、1と2、1と3、1と4と掛け合わせながら作っていけばいいです。1~4にそれぞればらばらにウェイポイントが設定してあるなら、1と2、できあがった2と3、できあがった3と4、1とできあがった4、2とできあがった4、3とできあがった4を掛け合わせれば理屈上、すべてのマージができます(めんどくさ……)。

 

 もっといくつものGPXファイルを一度に、ウェイポイントの内容を確認しながら書き出す、書き出さないも決められるようなツールを、エクセルマクロあたりで作ろうかなあ……。

 

 

※本ツールは、わたくしナガヤマが自分自身のため、自分自身に便利なように作って使っているものです。したがって動作保証はもとより、説明書やReadMeもいっさいありません。実行して直感的に使え、なんだか面白そうだなと思ってくださる方がターゲットだろうなあと考えてます。